ポケモンGOのイメージ

人気の拡張現実(AR)ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」。日本時間の9月26日になってログインできないとの声が世界中で発生している。さまざまなゲーム、アプリ、サービスの異常を推測するDowndetector(ダウンディテクター)でも障害発生の可能性を警告している。

ポケモンGOは、秋の行楽シーズンに合わせたキャンペーンを始めたばかり。ポケモンを捕まえたりタマゴをかえしたりした際に獲得できる「ほしのすな」がいつもの2倍になるほか、通常の1.5倍の速さでタマゴがかえる「スーパーふかそうち」といった新しい道具が入ったギフトボックスを買えたりといった特典でゲームを盛り上げようとしている。

ポケモンGOのイメージ
26日18時台におけるダウンディテクターの分析

ただ26日の17時ごろから、ゲームにログインできないといった声が日本を含む各国で挙がっている。以前に比べれば人気も落ち着きを見せたポケモンGOではあるが、まだ遊んでいる人は多く、各国のニュースサイトなどが速報している。ポケモンGOが快適に遊べず、障害発生を疑う声が出るのは珍しくないが、今回は複数の地域で多数の人が同時期に訴えたため注目を浴びた。