AIによる診断イメージ

iPhoneやAndroidスマートフォンでマイカーのタイヤを撮影し、写真を送信すると、人工知能(AI)技術で摩耗状態を自動診断してくれるという新サービスが始まった。カー用品のオートバックスセブンが運営する。特設サイトから利用可能。

日本IBMのAI技術「IBM Watson」を応用しており、タイヤの写真を送ると、あらかじめ登録した数百枚におよぶさまざまな状態のタイヤ写真と近いものを抽出し、摩耗状態を判別する。

使い方は簡単。専用アプリケーションをダウンロードする必要はなく、特設サイトを開いたあと、スマートフォンでタイヤの写真を撮影し、 アップロード。すぐに診断結果が分かり、摩耗度合いに応じて「大」「中」「小」の3段階で確認が可能。

AIによる診断イメージ

最近は平日ほとんどクルマに乗らず土日限定で利用する「サンデードライバー」が増え、日常的にクルマに触れる機会が少なく、メンテナンスのタイミングがうまくつかめない場合がある。

しかしタイヤはクルマを走らせる上で最も重要なパーツで、ドライバーをはじめ乗る人すべての命を乗せて走る。行楽や長距離ドライブの前に、こうしたサービスを利用することで、メンテナンスへの意識を高められる。

ただし、AI技術による判定はタイヤの安全を保証するものではなく、あくまで参考情報。また診断できるタイヤは、乗用車用のノーマルタイヤのみ。スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤ、極端な扁平タイヤは対象外だ。なお通信料金が随時発生する。このほか診断用に投稿した写真は学習用データとして2次利用する。