iPhone 6sのイメージ

ワイモバイルは、「iPhone 6s」のストレージ容量32GBモデルと128GBモデルを10月上旬に発売する。機種代金の実質負担は月額1,404円(税込、以下同じ)などとなっている。

AppleのiPhoneシリーズは、最新機種「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」などが登場して話題を呼んでいるが、2世代前のiPhone 6sもまだ現役で販売中。

Suica機能や防水機能などはないものの、最新のOS「iOS 11」に対応し、画面は4.7型などでおおよそのサイズなどはiPhone 7やiPhone 8と変わらない。

手頃なiPhoneが欲しい人にとっては、4型サイズの「iPhone SE」と並んで注目の機種。

ワイモバイルでの機種代金は次の通り。まず32GBモデルは現金販売価格/支払総額が7万8,300円で、頭金が540円、分割支払金が3,240円の24回払い。新規契約またはMNPの場合、「プラン M/L」に加入すると1,836円の月額割引が適用となり、実質負担は月額1,404円。機種変更でも1,296円の月額割引があり実質負担は月額1,944円。

iPhone 6sの価格表1

iPhone 6sの価格表2

128GBモデルは、現金販売価格/支払総額が9万1,260円で、頭金540円、分割支払金3,780円の24回払いとなる。新規契約またはMNPでプランM/Lに加入すると実質負担は月額1,944円。機種変更では月額2,484円となる。

なおソフトバンクからの番号移行、ディズニー・オン・ソフトバンクモバイルからのMNPは、機種変更と同条件になる。