永谷園のお茶づけ風呂のイメージ

神奈川県箱根の人気温浴施設「箱根小涌園ユネッサン」に、「永谷園 お茶づけ風呂」が9月30日~11月30日の期間限定で登場する。秋も深まる時期に、風呂とお茶づけを楽しめる非現実的な空間として利用できる。

「お茶づけ海苔」を想起させる鮮やかな緑色の湯に、出汁を思わせる香りを加えた永谷園監修の入浴剤を使っている。入浴剤メーカーと試行錯誤し、マコンブエキスやコメ発酵液などを配合した。


浴槽には、あられや海苔に模したフロート装飾もあり、まるでお茶づけの具になったような気分が味わえる。また湯に浸りながら「お茶づけ海苔」誕生秘話を知ったり、フォトスポットで記念写真を撮影したりすることも可能。これに加え10月8日限定で、お茶づけ商品パッケージの「隈取」をデザインした歌舞伎フェイスパックを装着して入浴できるイベントもある。

さらにこの風呂で使う入浴剤を10月中旬よりユネッサン内の「ミーオモール」で購入できる。販売価格は170円(税込)。

なお、ユネッサン館内のイタリアンレストラン「アンティパスタ」では、お茶づけオリジナルメニューも楽しめる。お茶づけ海苔を使ったパスタ、ピッツァ、サラダなどだ。