スズキのコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」
スズキ「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」
東京モーターショーに参考出品

スズキは第45回東京モーターショー2017に「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」を参考出品する。同社による出展テーマ『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』を具現化した一台。

「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」は、モーターを搭載した四輪独立駆動のクルマ。ジムニーやエスクードが持つ魅力を継承した、スズキが次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUVだ。ラダーフレームと軽量・コンパクトボディーによるスズキSUV伝統の走破性はそのままに、電動化のもたらす新たな4WDの可能性を提案する。

スズキはまた、“わくわく”や“楽しさ”を感じさせるクルマとして「XBEE(クロスビー)」も参考出品する。

広い室内のワゴンとSUVを融合させたスズキ「XBEE(クロスビー)」
ワゴンとSUVを融合させた「XBEE(クロスビー)」

取り回しの良いコンパクトサイズにクラスを超えた広い室内空間を持つワゴンパッケージと、ラフロードに対するSUVの走破性や機能性を両立させた小型クロスオーバーワゴン。一目見たら忘れられない個性的なデザインも魅力。

スズキはその他、新型スイフトスポーツをはじめとした四輪車を合計20台、二輪車合計9台を出品する予定。