「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ

「LunaR(ルナ)」は、ソーラーパワーで動作するスマートウォッチ。米国サンフランシスコに本拠を置くスタートアップ企業LunaRが開発した。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ

「LunaR(ルナ)」という名前は「月」に由来する。月が、太陽がなければ輝けないように、「LunaR」も太陽の光によって動作する。

その秘密は風防部分に取り付けられた透明なソーラーパネル。太陽光または人工光を受けて発電し、内蔵された110mAhのリチウムイオンバッテリーを充電する。1時間程度光にあてれば、動作に必要な電力を発電できるという。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
「LunaR」に取り付けられた透明なソーラーパネル

スマートウォッチとしての機能は、スマートフォン連携、歩数計、デュアルタイムゾーン表示など。スマートフォン連携では、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS通知や着信通知などを、ベゼルに取り付けられたLEDで表示する。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
各種通知は、ベゼルに取り付けられたLEDで表示

どのアプリからの通知かは、LEDの発光色で確認可能だ。例えば青く光ったときにはFacebook、オレンジならInstagramといった具合。アプリとLEDの色の組み合わせは、「LunaR」専用アプリで設定できる。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
LEDが青く光ればFacebookからの通知

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
オレンジに発行すればInstagramなど
アプリと発光色の組み合わせは専用アプリで設定できる

加速度計を内蔵しており、利用者の歩数を計測できる。歩数は専用アプリで確認可能だ。また、一日の歩数目標を設定し、それに届かない場合にLEDを発光させるなどして通知することもできる。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
加速度計により、利用者の歩数を計測できる

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
歩数計の機能は専用アプリで設定可能

デュアルタイムゾーンは、海外旅行や出張が多い人に便利な機能。旅先で、現地の時刻と自国の時刻の両方を表示可能だ。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
海外旅行や出張が多い人に便利なデュアルタイムゾーン機能

その他、現在地での日の出/日の入りの時刻を表示することもできる。これはハイキングやサーフィンなどのアウトドアスポーツをする際に便利だ。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ
ハイキングに便利な日の出/日の入り時刻の表示機能

LunaRは現在、クラウドファンディングサイトでkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、138ドルの出資と20ドルの送料で「LunaR」を1個入手できる。出荷は2017年12月に予定されている。

「LunaR(ルナ)」という名前のスマートウォッチ―