GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」

原付二種スポーツバイク「GSX‐S125 ABS」がスズキから10月11日に販売開始される。ストリートスポーツバイク GSX‐Sシリーズのエントリーモデル。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
スズキ「GSX‐S125 ABS」発売

ドライブトレインには、最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能と、48.2km/Lの燃費性能を両立した水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンが採用された。このエンジンに組み合わされたのは6速マニュアルトランスミッション。スムーズな出力伝達による力強い加速を実現する。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpmの出力性能を持つ
水冷4バルブ単気筒DOHCエンジン採用

1,300ミリというショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディーにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現している。アップハンドルによる前傾の少ない快適なライディングポジションと、785ミリの低いシート高による良好な足つき性も、扱いやすさを高めた。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
ショートホイールベース、133kgの軽量ボディー、785ミリの低いシート高などが特徴

装備としては、10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと花弁形状のペータルブレーキディスクが採用された。また、前・後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSが、スズキの国内の125cc二輪車に初採用されている。燃料タンクの容量は、長距離走行にも安心な11Lに設定された。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールと
花弁形状のペータルブレーキディスク

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
長距離走行にも安心な11Lの燃料タンク

デザインは、GSX‐Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリング。ラジエーターシュラウドと燃料タンクに一体感を持たせ、アンダーカウルを装備することで、コンパクトながらボリュームのあるデザインを実現している。マフラーには、サイレンサーに2つの排気口を設けたスポーティーなデュアルタイプマフラーが装備された。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
サイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー

車体色には、黒「ソリッドブラック(半ツヤ)」と青「トリトンブルーメタリック」の2色を設定。メーカー希望小売価格は35万4,240円(消費税込み)。

GSX‐Sシリーズ新型モデル「GSX‐S125 ABS」
車体色には、黒「ソリッドブラック(半ツヤ)」