「五十嵐健太のもふもふ猫写真展」、えさし藤原の郷 天空館で

ネコ写真家五十嵐健太さんの「五十嵐健太のもふもふ猫写真展」が岩手県えさし藤原の郷で9月16日から開催される。五十嵐さんの写真展が岩手県で行われるのは、今回が初めて。

「五十嵐健太のもふもふ猫写真展」、えさし藤原の郷 天空館で
「五十嵐健太のもふもふ猫写真展」会場の様子

五十嵐健太さんは、ネコがジャンプする瞬間をとらえた『飛び猫』や、仲良しのフクロウと子ネコ『フクとマリモ』で知られるネコ写真家。9月6日には五十嵐さんの写真が掲載されたCDブック『ねこのゴロゴロセラピー』が発売されたばかり。また、9月28日には保護ネコたちの写真集『HOGO猫』の出版が予定されている。

フクとマリモ、五十嵐健太
仲良しのフクロウと子ネコ『フクとマリモ』

五十嵐健太のもふもふ猫写真展
会場には、フクとマリモ、そして飛び猫の写真も

今回開催される「五十嵐健太のもふもふ猫写真展」では飛び猫やフクとマリモはもちろん、『ねこのゴロゴロセラピー』や『HOGO猫』に掲載された写真も含む、約120点の写真が展示される。B0サイズパネルも18枚あり、ネコはもちろん島の風景なども大きなサイズで楽しめる。

五十嵐健太のもふもふ猫写真展
写真展会場

会場である歴史公園えさし藤原の郷によれば、ネコは平安時代からとても大切にされた動物だったという。宇田天皇や一条天皇が、宮中でかわいがっていたという話も残されているそうだ。

歴史公園えさし藤原の郷
写真展の会場となる歴史公園えさし藤原の郷

今回の写真展は、日本で古くから大切にされていたネコの様々な表情を、東北の歴史文化を体感できるテーマパークであるえさし藤原の郷内で楽しむという、少し特別な経験を提供するもの。この特別な場所にちなみ、愛知学院大学講師で禅研究所研究員の菅原研州さんが監修し、五十嵐さんが撮影したネコ写真が掲載されている書籍『ねこ禅 人生がふニャっとなごむ50の教え』関連の作品も展示される。

書籍『ねこ禅 人生がふニャっとなごむ50の教え』
欲や執着は、捨てニャ!

■五十嵐健太のもふもふ猫写真展
開催場所:えさし藤原の郷 天空館
開催期間:2017年9月16日から11月26日
開催時間:9時から17時(11月は16時閉園)
料金:写真展は無料だが、えさし藤原の郷 施設入場料が必要
(大人800円、高校生 500円 小・中学生 300円)

9月16日・17日の11時30分~13時30分には、当日会場で販売される「ましかくカレンダーふわもふにゃんこ2018」の購入者を対象に、五十嵐健太さんによるサイン会が開催される。

ましかくカレンダーふわもふにゃんこ2018
ましかくカレンダーふわもふにゃんこ2018
価格は864円