iPhone SEのイメージ

iPhoneの新モデル発表に伴い、従来モデルが値下げとなっている。画面サイズが4型でコンパクトなiPhone SEは3万9800円(税別、以下同じ)から。iPhoneブランド製品としては廉価に手に入るが、買い時と考えるかまだ高いと考えるか意見は分かれる。

最近はAndroidスマートフォンに追随してタブレットとまがう大型モデルを相次ぎ投入するiPhoneだが、SEのような小型モデルも手の小さな女性や、軽さと持ち歩きやすさを重視する男性などから根強い支持を集める。

そんなiPhone SEの今回の値下げはストレージ容量32GBモデルを4万4,800円から3万9,800円に、128GBモデルを5万5,800円から5万800円にするというもの。5,000円の下げ幅だ。

新価格が妥当かは悩むところ。iPhoneなどの新製品動向に詳しいブログ「Apple Insider」などが8月に伝えたうわさによると、SEの後継が2018年1~3月に出荷開始を予定している。画面サイズは現行機とほぼ同等、性能などはiPhone 7に近い水準になる。ただうささは、あくまでうわさ。

なお、iPhone SEのほかにより大画面な従来モデルの価格も変更が決まっている。

iPhone 6sの32GBモデルは6万1,800円から5万800円に
iPhone 6sの128GBモデルはは7万2,800円から6万1,800円に
iPhone 7の32GBモデルは7万2,800円から6万1,800円に
iPhone 7の128GBモデルは8万3,800円から7万2,800円に
iPhone 7 Plusの32GBモデルは8万5,800円から7万4,800円に
iPhone 7 Plusの128GBモデルは9万6,800円から8万5,800円に

それそれ安くなった。iPhone 7やiPhone 7 Plusの256GBモデルはラインアップから消えている。