充電器のイメージ

新型iPhoneが発表になるや、待っていたとばかり周辺機器メーカーは対応製品の宣伝を始めた。ベルキンの「BOOST↑UPワイヤレス充電パッド」はQi規格に準拠。iPhoneの開発元であるAppleと連携し、最適化を施したとうたう。

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは、ケーブルをつながなくても減ったバッテリーを回復させられるワイヤレス充電、いわゆる「置くだけ充電」が可能だ。専用の「AirPowerマット」も発表になっているが、Qi規格に準拠した汎用品も使える。

ベルキンの製品もその1つ。普及している5W型より充電が早い7.5W仕様だが、iPhoneに使っても安全面での影響はないとする。ファンレス設計により静音で動作する。

充電器のイメージ

iPhoneの無線技術に特化したチューニングを行っており、過熱したり、電源が落ちたりしにくい。異物検出回路もある。

iPhoneがずれないように設計されたノンスリップ充電面を備える。本体にケースをつけている場合も外さずに使えるという。正しく置くと緑色のLEDライトが点灯。充電をひとめで確認できる。米国での販売価格は59.99ドル。ベルキンは日本向けWebサイトにも製品情報を掲載しており、Amazon.co.jpで取り扱うとしている。