会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」

テントには、キャンパーを雨や風、砂埃から守るという機能のほか、人の多いキャンプサイトでのプライバシー確保という役目を持っている。では、オフィスでテントを張るとしたら?オフィスにいる限り、雨や風からはすでに守られているので、プライバシーだけが確保されればそれで良いのではないか?

「NAP TENT」は、プライバシー確保にフォーカスした、社内でボッチになれるテント。部屋の中でボッチになれる室内用ベッドテント「Privacy Pop Bed Tent」を販売しているPrivacyPopが開発した。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
プライバシー確保にフォーカスした、社内でボッチになれるテント。

部屋で一人になれる「Privacy Pop Bed Tent」
参考画像:部屋の中でボッチになれるベッドテント「Privacy Pop Bed Tent」

横幅約63.5x奥行約43x高さ約43センチという絶妙サイズ。内部に寝袋…ではなく、小さな枕を設置して眠れる。机に突っ伏して寝るときには、両手も机の上にあるのが普通。このため、両手をすっぽりと入れ、肩から上が覆われた状態での昼寝を可能にするサイズ設定とされた。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
もうね、こんな生物として生きていけば、良いと思うの

もっと小さくして、手はテントに入れないという仕様にすることもできた。だが、両手をテントにいれることで利用者はよりプライバシーを守られている感が高まるため、このサイズとなったという。また「NAP TENT」を使い、昼休みのオフィスでスマートフォン動画を視聴したい際にも、両手がテント内に入るのは便利だそうだ。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
一人だけの、映画館
寂しいのではなく、贅沢

「Privacy Pop Bed Tent」同様。室内の明かりや騒音は、完全とは言えないが可能な限りシャットアウト。利用者に睡眠を取りやすい環境を提供する。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
(それなりに)静かな内部を実現

その他、「NAP TENT」に頭を入れて眠っていると、上司や同僚が声をかけにくいというメリットも。「今日の昼休みは、寝ておかないと、体力が持たない!」というとき、これは助かる…人もいるだろう。

畳むと直径33センチとなり、専用ケースに入れて持ち運べる。オフィスのデスク下においても邪魔にならないサイズだ。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
旅行用のスーツケースに収まるそうです

購入者の中には、Airbnbで宿泊する際に持参すると良いと述べている人も。ホテルとは違い、Airbnbで借りる個人宅ではカーテンの遮光性が弱いケースも。このため、おかしな時間に目覚めてしまったり、白夜がある地域ではいつまでも眠れないことがあるという。だが、「NAP TENT」をベッドに設置すれば、希望する時間まできっちり眠れるそうだ。

価格は54.99ドル。日本への送料が別途70ドル程度必要となる。

会社内でボッチになれるテント「NAP TENT」
送料、高いよ…。