人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」

クルマ用のドライブレコーダーは、交通事故発生時のクルマの挙動を記録するもの。これにより、複数のドライバーの言い分が食い違っているケースでも、客観的に事故を分析できる可能性が高まる。

では、徒歩で街を歩いているときに事件や事故に巻き込まれたら?しかも、相手が一方的に、相手側に有利な主張を展開し始めたら?

「Shonin(証人)」はそんなときに、客観的な証拠になりうる記録を動画で撮影するカメラ。利用者側の“証人”として機能してくれる。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
事件や事故に巻き込まれた際に、客観的な証拠となりうる動画を撮影する「Shonin(証人)」

縦横56ミリ、厚み13.5ミリと軽量。標準クリップ、マグネットクリップなどで常に身に着けていられる。画角120度のレンズで720Pまたは1,080Pの動画を撮影可能だ。本体を軽くプッシュすることで、撮影をスタートできる。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
縦横56ミリ、厚み13.5ミリと軽量

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
標準クリップ、マグネットクリップなどで常に身に着けておき
本体を軽くプッシュすることで、動画を撮影できる

事件に巻き込まれた場合、身に着けているカメラを奪われて破壊されてしまうことも考えられる。「Shonin」はそのようなケースも想定し、SIMカード対応モデルを用意。撮影した動画をクラウドに直接アップロード可能にした。暴漢に襲われたようなケースであっても、「Shonin」が破壊される直前までの動画が、証拠として残される。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
動画は自動でクラウドに

SIMカード対応モデルのほかに、スマートフォンと接続して使用するWi-Fi/Bluetooth対応モデルも用意されている。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
「Shonin(証人)」スマホアプリ

クルマ用のドライブレコーダーで、意図せず興味深い映像が撮影されることがある。「Shonin」でももちろん、徒歩での移動中に面白い動画を撮影することができるだろう。面白いシーンに出くわしたとき、スマートフォンやカメラをカバンから取り出していては間に合わないようなケースでも、「Shonin」であればすぐに撮影を開始できる。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
常に身に着けておき、アクションカメラとして使用可能

その他、自転車用のドライブレコーダーとして使用することも可能だ。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
自転車用のドライブレコーダーとしても

開発したのはカナダトロントに本拠をおくShonin。同社は現在「Shonin」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、169ドルの出資+10ドルの送料でWi-Fi/Bluetooth対応モデルを、179ドルの出資+10ドルの送料でSIMカード対応モデルを入手可能だ。出荷は2018年2月に予定されている。

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」
パッケージ同梱物

技適マークの取得についてShoninにEメールで尋ねたところ、「日本での販売に必要なすべての認証を取得する予定」との回答を得た。海外企業の製品では、メーカー側がこのような回答をした場合でも、実際に製品を手にしてみると技適マークはなかった、というケースは珍しくない。とはいえShoninの製品名や社名は、「証人」という日本語由来のもの。日本事情には詳しそうなので、技適の取得にも期待できる。