ユピテルのドライブレコーダー

消費者庁は9月4日、市販のドライブレコーダーの一部に発火の恐れがあるとして確認を呼びかけた。メーカーのユピテルはリコールを発表。無償製品交換を行う。

対象となるのはユピテルが輸入したドライブレコーダー「DRY-FH200」。2012年10月~2013年8月に合計8万5,000台を販売した。

本体正面と底面に記載してある型番を確認すれば該当製品かどうかが分かる。もしDRY-FH200が見つかったら、ただちに利用を止め、ユピテルの窓口に問い合わせるよう案内が出ている。

なお、本体底面に記載してあるS/Noで始まる8桁の数字はシリアルナンバーで、無償製品交換の際に必要となる。

ユピテルのドライブレコーダー

5月に神奈川県と兵庫県で相次いで本体と周辺が焼ける事故が発生。内蔵のリチウムポリマー電池セルから出火したと消費者庁では考えており、現在調査中。

ユピテルが対象製品と無償交換するのはより発売時期の新しいドライブレコーダーである「DRY-ST1000c」。公式サイトでは性能の比較表なども掲載している。