アイスグラスのイメージ

居酒屋チェーン「塚田農場」は8月26日から、すべて氷でできた特製のアイスグラスにビールを注いで飲む趣向を始める。

8月29日に塚田農場1号店開店から10周年を迎えるのを記念したキャンペーン。今年の8月は関東で連日の降雨となったが、それがいったん止んだ途端に猛暑日となった。

この機にすべて氷でできたアイスグラスで乾杯し、よみがえった夏の暑さを乗り切ろうというもの。アイスグラスの中は、のどごし良く飲み進められるバドワイザーを合わせており、キンキンに冷えた氷とビールで残暑に涼感と高揚感を味わえるとしている。数量限定。

アイスグラスのイメージ

キャンペーンでは、宮崎県日南市/日向市、鹿児島県霧島市 塚田農場の店内で乾杯の写真を撮影し、「#塚田で乾杯」もしくは「#塚田でカンパイ」のハッシュタグをつけてInstagram、TwitterまたはFacebookで投稿すると、抽選で10組が塚田農場の年末のポスターに登場できる。また店内で撮影しその場で投稿すると、アイスグラス1つがもらえる。