メルカリのイメージ

フリーマーケットアプリケーション「メルカリ」は8月25日、利用できない状態になった。原因は「上位ネットワーク障害」という。

25日13時10分ごろより、上位ネットワークの経路障害のためメルカリが連携しているサーバーへの接続が失われ、正常なサービスが運営できない状況となったため、緊急メンテナンスを行っているという。詳細な状況が分かり次第、通知するとしている。

インターネット上では困惑の声が上がっている。25日昼には、ほかにも国内で複数のアプリが利用しにくい状態になったと、もっぱらTwitterやFacebookなどでちょっとした騒ぎになっている。

なおNTTコミュニケーションズのインターネット接続サービス「OCN」も障害を発表し、「海外の経路不安定事象」が原因で、25日12時15~45分のあいだ断続して一部通信ができない状況が発生し、すべての利用者に影響があったと説明している。

【追記 2017/08/25 15:50】

メルカリは8月25日140時40分にネットワークの経路が復旧したため、メンテナンスを終了し、サービスを再開したと発表。利用者に迷惑をかけたと重ねて謝罪した。