wena wristのイメージ

ソニーは、持ち主の思い出がつまった腕時計をスマートウォッチとして蘇らせる展示企画「おもいでの時計展」を8月25日、26日に東京で開催する。
 
電子マネー機能などを備えたバンド「wena wrist」を組み合わせる。

wena wristのイメージ

wena wristは電子部品をバンド部分に分散させて配置しており、既存の腕時計のケースに取り付けて利用できる。

wena wristのイメージ

「おサイフケータイ」などと同じ非接触IC技術を採用しており、対応アプリケーションを入れたiPhoneなどと組み合わせると、手首をかざすだけで買い物などができる。「楽天Edy」「iD」「QuicPay」などが使える。またTwitterやFacebookなどの更新を、7色のLEDと振動で通知する。活動量計としても利用でき、1日の歩数や消費カロリーなどをアプリで確認できる。

今回は一般の人などから募った腕時計のほか「時計博士」として著名な広田雅将氏、モデルの星玲奈氏やソニーの代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏が所有するモデルにwena wristを装着して展示する。

会場は渋谷区の「代官山T-SITE GARDEN GALLERY」。初日の8月25日には、展示の開催を記念したトークイベントも開催する。2部構成で、第1部が「wena × beams」新作説明会、第2部が広田氏や星氏らの対話となる。特設サイトから申し込める。