LINEチャットライブのイメージ

LINEの最新版で、トークルーム内でライブ中継ができる「チャットライブ」機能が使えるようになった。

グループトークや複数人トークに参加していれば、最大200人までとライブ中継をシェアできる。トークルーム上部の電話アイコンを選び、「LIVE」ボタンをタップするだけで開始する。

画面サイズは上段で再生するほか、フルスクリーンや画面の8分の1など、好みのサイズから選べる。子供(こども)のようすを祖父母にリアルタイムで伝えながら対話するといった使い道がある。

また最新版ではほかにも、トークルーム内のカメラ機能で、カメラアプリケーション「B612」や「Foodie」で人気の顔認識によるフィルターやエフェクトを利用できるようになった。

トーク中にほかのカメラアプリを起動しなくても、肌をきれいに補正したり、楽しく加工したりしながら写真、動画を撮影できる。フィルターは当初7種類、エフェクトは50種類から選べる。今後、種類を拡大していく予定。なお、フィルターやエフェクトは、「チャットライブ」機能でのライブ中継時にも使える。

LINEチャットライブのイメージ

撮影時の画面サイズは[1:1][3:4][9:16]の3種類の中から好みに応じて指定できる。動画編集時は、切り取り機能やミュート機能を用いて動画を短くしたり、音声の削除を簡単に行えるようになった。