犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」

「Proflight Walkies Dog Drone」は、犬の散歩に特化したドローン。今年の初めに“空飛ぶ傘ドローン”を発売し、ちょっとだけ話題になった英国の通販サイトDirectDroneで販売されています。

犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」
参考画像:空飛ぶ傘「Hands Free Umbrella Drone」
便利なのか不便なのかよくわからないのが魅力!

「Proflight Walkies Dog Drone」のベースは「Hands Free Umbrella Drone」の時と同様にDJIのPhantom 4。これに犬用のリードを取り付けることで、犬の散歩ドローンとしました。

犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」
参考画像:「Proflight Walkies Dog Drone」のベースとなったDJIのPhantom 4

使用するときには、事前にDJIのスマートフォンアプリで犬の散歩ルートを指定。これだけで、利用者に代わって犬を運動させてくれます。ルート中に街灯や郵便ポストなどの障害物があった場合などは、自動的にこれらを避け、安全な散歩ができるのだとか。また、散歩中の犬の様子は、ドローンのカメラで見守ることができるのだそうです。

開発の目的は、散歩が大好きな犬をいつも満足させることなのだそう。本当は人間が散歩させられればベストですが、それができない日も。そんなときに、「Proflight Walkies Dog Drone」があれば、ドローンに愛犬の世話を任せ、利用者も犬も満足できるようになる。これが開発者が目指していることだそうです。

犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」
飼い主が忙しくて散歩に連れていってもらえない犬も

犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」
ドローンと散歩にいければ、満足?

「ドローンに犬の散歩をさせたい」という発想の原点にあるのは、やはり『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』。2015年の世界にタイムトラベルしてきたマーティを驚かせた犬の散歩ドローンは、DJIのPhantom 4を使えば作れてしまうのでは?、という気づきが開発の原点となっているようです。

バッテリーを満充電すれば、約30分の散歩が可能。ちょっと短めかもしれませんが、人間が犬を散歩に連れていけないときのピンチヒッターとしては、ありかもしれません。

英国の通販サイトDirectDroneで販売されています。価格は1,999英ポンド(約28万5,000円)。残念ながら、日本へは配送してくれないとのことでした。

犬の散歩用ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」

さてこの商品を見ていると、「パワフルな犬が、ドローンを引き落としたときはどうする?」「犬のふんの始末は?」など、様々な疑問が頭に浮かびます。それらについてインターネットコムではDirectDroneにEメールで問い合わせていますが、本稿掲載時までに回答を得ることはできませんでした。また、販売サイトに製品写真がなく、イラストのみという点もとても気になります。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2で描かれた2015年はすでに過ぎてしまっていますが、現実の世界が映画に追いつき、犬の散歩ドローンが本格的に普及するのは、もう少し先のことなのかもしれません。