外務省による乙嫁語りのイメージ
(出典:外務省の公式Twitter)

外務省と出版大手KADOKAWAは、8月28、29日に人気漫画「乙嫁語り」の原画展を開催する。まじめでかたくるしい印象のある官公庁が一般の人にも親しめるよう、庁舎の会議室を開放して大胆な試みをすると、ちょっとした話題だ。

「乙嫁語り」は漫画家・森薫氏の代表作の1つ。過去の中央アジアを舞台に、美しい民族衣装や文化、女性の生活や恋、戦い、結婚について描く。迫力のある騎馬や弓矢による狩の場面はもちろん、コミカルな描写も多く、幅広い層の支持がある。

外務省では8月31日に開催する公開シンポジウム「中央アジア+日本」対話・第10回東京対話のサイドイベントとして、森氏の手になる原画を展示し、多くの人に中央アジアの魅力を知ってもらおうという趣向だ。

森氏による初めての原画展でもあるとして、ファンに参加を誘いかけている。

開催時間は8月28日、29日とも14時~17時。場所は東京・霞が関にある外務省の国際会議室北760号室。入場無料だが事前登録が必要で、入場整理券を持参した人に限定した一般公開となる。整理券の入手方法は14時、15時、16時集合にて各回50人を定員としている。つまり合計300人。

申込用紙を外務省の公式サイトからダウンロードし、希望の時間帯を記載の上、応募するよう促している。

外務省によると、発表から1週間で200数十人の申し込みがあったが、8月7日時点ではまだ少し空きがあるそう。

「平日の昼間の開催ということで、早い段階でここまで申し込みがあると想定していなかった」と担当者はいささかの驚いたようすで説明していた。

なお、申し込みが定数に達し次第、外務省の公式サイトを更新して通知を出すとしている。

【追記 2017/08/08】外務省によると、申し込み数は定員に達した。