Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」

2015年6月1日に施行された改正道路交通法。これにより、自転車運転中にイヤホンを使用することが禁止となりました。自転車に乗っている時間が長い自転車通勤者は、安全かつ合法的に、走行しながら音楽やラジオを楽しめる方法をいまも探っています。メーカー側もこの要求に応え、ハンドルバー取り付けタイプやネックレスタイプ、そして骨伝導タイプなど様々なデバイスを開発/販売しています。

Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」
参考画像:ハンドルバー取り付けタイプのスピーカー
信号待ちの度に注目を集めるのが欠点

米国のビデオゲーム会社Atariも、自転車通勤者にはうれしいメーカーのひとつとなりました。同社は、野球帽にスピーカーを組み込んだ「Atari Speakerhat」を開発しているのです。

Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」
野球帽にスピーカーを組み込んだ「Atari Speakerhat」
野球帽とは、盲点でした

「Atari Speakerhat」は帽子のつばの部分にステレオスピーカーを組み込んだもの。帽子全体にはリチウムイオンバッテリーやBluetoothユニットなどが組み込まれており、タブレットやスマートフォンの音楽を聴けます。マイクも搭載されているので、帽子でスマートフォンへの着信に応えることも。

Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」
野球帽で通話できる時代が来るなんて…

最大の特徴はナチュラルな着用感。Atariによれば「Atari Speakerhat」を被っていても普通の野球帽をかぶっているとしか思えないのだとか。Atariはこれを、ウェアラブルテクノロジーをさらに一歩進めた「見えない」テクノロジーと呼んでいます。

そのテクノロジーは「見えない」ものであっても高性能。スピーカーやマイクはQualcomm cVcノイズキャンセレーション技術、5バンドEQ、A2DP、AVRCP v1.4、HSP v1.2などに対応。スマートフォンやタブレットへのスムーズな接続や、高音質な音楽再生などの実現を目指すのだとか。

Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」
音の良さは、実際に聴いてみないとわかりませんが

さて、「Atari Speakerhat」はサイクリスト向けに開発されたものではありません。でも、日本のサイクリストにはかなりうれしいものになりそうです。もし問題があるとしたら、走行中に帽子が飛んでしまうかもしれないという点でしょうか?これを防ぐには帽子の上からヘルメットをかぶるのが良いかもしれません。暑くなるこれからの季節には厳しいソリューションですが、走りながら音楽やラジオが聴けるのなら、我慢できますよね?

Atariは現在、「Atari Speakerhat」のベータテスターを募集しているので、興味のある方は応募してみると良いでしょう。自転車で使用する上での問題点などを報告すれば、製品版ではそれを取り入れ、改善されたものになるかもしれません。

8月1日追記:本稿公開後、Atariよりベータテスター募集キャンペーンに参加できるのは米国在住者のみとの連絡を受けました。日本からも応募はできますが、「Atari Speakerhat」を無料で受け取り、ベータテストに参加することはできないとのことです。

Attariのキャップ型スピーカー「Atari Speakerhat」