トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ

トヨタはカムリをフルモデルチェンジし、7月10日に発売した。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ…
トヨタ「カムリ」がフルモデルチェンジ

カムリは、1980年にFR車「セリカ カムリ」として誕生。1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新され、グローバルに発売された。米国では「ホワイトブレッド」と呼ばれ、15年連続乗用車販売台数No.1を獲得している。

新型カムリでは、トヨタがグローバルに取り組んでいるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture(TNGA)」に基づき、すべての部品がゼロから開発された。毎日の生活に必要で信頼性が高いが、一方であまり面白みがないことを意味する「ホワイトブレッド」から脱却し、「官能」をもたらす心揺さぶる上質セダンを目指している。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
「ホワイトブレッド」から脱却し、官能的な一台を目指す

エクステリアでは、エンジンおよび乗員レイアウトを下げることで、低重心シルエットのデザインを実現した。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
エンジンおよび乗員レイアウトを下げることで、低重心シルエットのデザインを実現

フロントはトヨタ独自のキーンルック。スリムなアッパーグリルと、立体的なロアグリルの対比により、低重心でワイドなスタンスを強調した。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
フロントはトヨタ独自のキーンルック

サイドはフードやフェンダーを低く設定。これに合わせ、エンジンルームの中にあるすべての部品は作り直され、また低く設定されている。この実現においても、すべてをゼロから作り直す「TNGA」が活かされた。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
フードやフェンダーを低く設定
これを実現するためエンジンルームの中にあるすべての部品が作り直された

低いベルトラインによりタイヤの存在感を強調し、低重心感を表現している。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
ベルトラインを低くし、タイヤの存在感を強調

このように車高を低くしながらも後席は犠牲となってはおらず、いままで通りの広い室内空間を実現している。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
セダンの基本機能もしっかりとキープ

パワートレーンは最大熱効率41%と高出力を両立したTNGA新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」と、ハイブリッドシステム(THSII)を組み合わせることで、同排気量クラストップレベルとなる33.4km/Lの低燃費と優れた動力性能を両立させている。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
ダイナミックフォースエンジン2.5×ハイブリッドシステム

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備。後退時の死角に左右後方から接近してくる車両を検知し自動的にブレーキ制御を行う「リヤクロストラフィックオートブレーキ」機能をTOYOTAブランド初採用するなど、安全と安心を提供する。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
リヤクロストラフィックアラート 作動イメージ

メーカー希望小売価格は、Xグレードが329万4,000円、Gグレードが349万9,200円、“レザーパッケージ”が419万5,800円(価格はいずれも消費税込み)。

トヨタ「カムリ」フルモデルチェンジ
G“レザーパッケージ”(内装色:ベージュ)