ボルボのイメージ

Volvo Cars(ボルボ)は、2019年以降に発売する全モデルにモーターを搭載し、電動化を進めるとした。「内燃機関(ICE)のみを搭載した車の歴史的な終焉」とうたっている。

ボルボは全モデルに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、もしくはマイルドハイブリッド車(MHV)のラインアップを用意する。

2019年から2021年の間に5台のEVを発売し、そのうち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーとする。また全モデルにガソリンおよびディーゼルのPHV、もしくは48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッドを用意する。

将来すべてのクルマにモーターを搭載し、純粋なエンジン車は徐々に生産を縮小していくという。

環境への影響を低減して未来の都市をよりクリーンにするためという。CO2の削減に重点を置き、2025年までに気候変動にかかわらないかたちで製品を生産するようになるそう。