秋田県♪の検索結果

ヤフーで「秋田県♪」と検索すると、びっくりするような結果になると話題になっている。「怖い」「これは泣く」「恐ろしい状況の記録かと思ってしまう」といった反応がTwitterなどに相次ぎ出ている。

ヤフーでは単語のあとに音符記号をつけて検索すると、関連する音声を探して再生できる「♪(おんぷ)検索キーワード」という機能がある。例えば「ハト♪」と入力すればハトの鳴き声、「拍手♪」と入力すれば手の鳴る音といった具合だ。

同様に都道府県名を打ち込めば、それぞれの土地にゆかりの音声を再生できるとして関心を集めており、その中でも「秋田県♪」を試す人が際立って多いようだ。

「秋田県♪」の検索結果にあらわれる音声が、強い衝撃を与えているためだ。男達の恐ろし気な声が子供(こども)を怖がらせつつ、山に連れていってしまうなどと脅すようすは、聞いただけだとびっくりする。

もちろん冷静な人ならすぐ分かる通り、音声の正体は「なまはげ」。もともとは男鹿半島に伝わる行事で、大晦日の晩、それぞれの集落の青年が鬼のような姿に扮し「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」などと叫びながら駆け回る。なまけ心をいましめつつ、無病息災、豊作、豊漁などを願う。

なまはげのイメージ

国の重要無形民俗文化財で、今日では秋田を象徴する存在の1つと言っていいだろう。

そんな、なまはげ、なのだが、やはりヤフーの検索結果で音声だけ聞くととても怖い。しかし怖いからこそ余計に聞きたくなるらしく、みんなが次々に検索したため、すっかり注目のキーワードとなったようだ。