蚊を描いたところ
落書きの続きを予測してくれる

落書きをすると、自動でその続きを予測して描いてくれるシステム「sketch-rnn」が話題だ。Googleが開発した。誰でも無料で試せる。

人工知能(AI)向け技術の1つで、生物の脳をコンピューター上で模すニューラルネットワーク(神経回路網)を使った取り組みだ。

PCからWebブラウザーを立ち上げ、専用ブログを開くと始められる。

最初に試せる「First Demo」では途中まで描いた落書きを、sketch-rnnが補ってくれる。最初に「truck(トラック)」「mosquito(蚊)」などを選び、白い画面にマウスや指を走らせ、線などを描けば、すぐに体験ができる。

First Demoのようす
緑の地面は人間、紫の花はsketch-rnnが描いた

できあがる落書きは、おせじにもうまいとは言えず、幼児が見よう見まねで描いたとでもいった風情だが、しかし単に記憶した画像を再生しているのではなく、毎回新たに描いているのだからたいしたものだ。

Multi-Prediction Demo」は1つの描きかけの落書きに対し、どのように続きを描くかの選択肢を複数の候補として一度に見せてくれる。

AI落書きのデモ画面
左は人間の描きかけた絵、右はsketch-rnnの予測

Interpolation Demo」は2つの落書きを描くと、最初の落書きから次の落書きへ変化していくシークエンスをアニメのコマのように次々と描いてくれる。

AI落書きのデモ画面
自転車から生き物へ、落書きを変身させる過程を描く

Variational Autoencoder Demo」は、1つの落書きを手本にして、いちから自動で別の落書きを描いていくというものだ。

AI落書きのイメージ
左の人間が描いた手本をもとに、右ではsketch-rnnがいちから落書きをしている

どれを見ても正直なところ下手だなという気持ちになるが、しかし今後、確実に進化していくのではないかとも思わされる。