トルクの新モデルイメージ

「最強」をうたうAndroidスマートフォン「TORQUE(トルク)G03」が6月30日にKDDI(au)から発売予定だ。米国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵性、鉄板やコンクリートに1.8mの高さから落としても平気な耐衝撃性能を備える。

京セラ製で、独自に日本沿岸部を想定した海水で水深1.5mに約30分間沈める試験や、ボディ全体に100kgfの面荷重を均等にかける試験などを実施し、いずれも合格。

トルクの製品外観

丈夫さを前面に打ち出したモバイル機器はカシオ計算機「G'zOne」の頃から日本メーカーのお家芸。海外でも強靭(きょうじん)さに重点を置いた機種は出続けているとはいえ、TORQUEはやはり独特な存在感がある。

ディスプレイは4.6型で、解像度はHD(1,280×720ドット)。割れにくく傷つきにくいガラス「Dragontrail X」と擦り傷に強い塗装を施したアクリルスクリーンでおおっている。手袋を着けたり、手が濡れていても使いやすいタッチパネル、ディスプレイが振動して、通話相手の声を鮮明に伝える機構も採用。握りやすく、つかみやすい位置に指紋センサーも配置している。

背面には約1,300万画素の通常カメラのほか、アウトドア活動中にフルHD解像度の動画を撮影する約135度の広角レンズ付き200万画素カメラを備える。また速度、距離、高度、経過時間などさまざまなデータを取得、重ねて、映像と一緒に記録できる。なお水中での撮影に最適な「水中モード」も備える。

アクションカメラ撮影機能

機能面ではおサイフケータイ/NFCに対応するほか、バッテリー残量が減ってもケーブルをつながず「おくだけ充電」が可能。急速充電が可能なQualcomm Quick Charge 3.0 Technologyにも準拠する。テレビ機能はワンセグ、フルセグともなし。ハイレゾ音源には非対応。

OSはAndroid 7.1。CPUはオクタコアのQualcomm MSM8953(2GHz)。メモリー容量は3GB、ストレージ容量は32GB。最大256GBのmicroSDXCメモリーカードも挿入できる。インターフェイスはUSB Type-C。バッテリー容量は2,940mAhで、電池持ち時間は最長約100時間としている。重さは約198g。

トルクのカラーリング

本体カラーは「グリーン」「ブラック」「ブルー」の3種類だ。ほかにヨットセーラー向け防水ウエア「HELLY HANSEN」とのコラボレーションモデルもあり、そちらは7月下旬に発売予定。