Googleの無料広告機能

Googleで近所のお店やイベントなどの情報を探している人に、無料でより手軽に広告を出せるようになった。「Googleマイビジネス」の新たな「投稿」機能を利用する。

Googleでは日々、暮らしにかかわるさまざまな情報を調べる人が利用している。例えばすてきな紅茶が飲めるカフェや、おいしいサンドイッチをを売っているデリ、大切な人への贈り物を提案してくれるブティックなどだ。

Googleマイビジネスは、そうした人の住んでいる地域などに合わせて、ぴったりなお店や会社の情報を教える仕組みだ。

それぞれのオーナーが「Google検索」や「Googleマップ」に詳しい内容をあらかじめ登録し、検索時に表示させる、という流れになっている。利用料金はかからないが、本当にオーナーなのかどうかハガキや電話、メールなどでGoogleに確認してもらう必要がある。

今回はGoogleマイビジネスをより便利に使える、新たな「投稿」機能が登場した。Googleマイビジネスに登録すれば、iPhoneやAndroidスマートフォン向けアプリケーションや、PC向けWebサイトなどから簡単に利用可能。

アプリの場合、まず画面右下にある「作成」アイコンをタップし、さらにつづけてあらわれた「投稿」アイコンをタップ。「投稿を作成」という画面が出てきたら、用意した写真、テキスト、イベント、ボタンなどを追加する。各項目をタップすれば情報を入力できる。最後に投稿のプレビューを確認し、問題なければ画面右上の「公開」をタップするだけ。

ただお店などを紹介するだけでなく、「本日のおすすめ」など日替わり情報を入れられる。売れ筋商品や新着商品も紹介できる。今後のイベントなども告知できるようになっている。予約やメールマガジン登録、キャンペーンサイト、ショッピングサイトへの誘導も可能だ。

これらの情報は、誰かがGoogleに関連するキーワードなどを入力した際に、通常の検索結果画面と並べるかたちであらわれるようになる。調べた人がその内容を友達などにシェアすることも可能だ。

ちなみにGoogle マイビジネスの新たな投稿機能はまだ始まったばかりで、今後さらに拡充し、オーナーがより適切なタイミングで情報を発信できるよう進化していく予定だとか。