スポーツモデルの電動アシスト自転車「ジェッター」&「ハリヤ」
電動アシスト自転車「ジェッター」「ハリヤ」発売
(画像は「ジェッター」)

スポーツモデルの電動アシスト自転車が6月8日に、パナソニック サイクルテックから発売される。雨天時の走行に強い「ジェッター」と、段差に強い「ハリヤ」の2車種で、どちらも自転車通勤にぴったり。

スポーツモデルの電動アシスト自転車「ジェッター」&「ハリヤ」
段差に強い「ハリヤ」

この2車種は、今後パナソニック サイクルテックが注力していくとしているスポーツモデルの電動アシスト自転車。同社では海外市場でこの分野への需要が高まっていることを受け、今後国内市場でも需要が高まることを想定しているという。

スポーツモデルの電動アシスト自転車「ジェッター」&「ハリヤ」
スポーツモデルの電動アシストは、海外で需要が高まっている

今回発売される「ジェッター」は、雨天時でも制動力の低下が少ない前後ディスクブレーキを搭載。雨が降っていてもオフィスへの道を走る、自転車通勤者に配慮を示した。バッテリーには16Ahの大容量なものを採用。1回の充電で約58キロ(パワーモード時)の長距離走行を可能にしている。価格は15万円(消費税抜き)。

スポーツモデルの電動アシスト自転車「ジェッター」&「ハリヤ」
前後ディスクブレーキを搭載

一方、「ハリヤ」ではフロントサスペンションを搭載した。これは歩道の段差超えに頻繁に遭遇する、都市部を走る自転車通勤者にはうれしい装備だ。平坦路の走行でパワーを逃したくないときには、サスペンションをロックできる。バッテリーは12Ahで、一回の充電で約48キロ(パワーモード時)の走行が可能だ。価格は12万9,000円(消費税抜き)。

スポーツモデルの電動アシスト自転車「ジェッター」&「ハリヤ」
フロントサスペンションを搭載