旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」

デスク上で使用するためのスマートフォンホルダーは多く存在する。だがそれらのほとんどはオフィスや家庭での利用を前提とした商品。旅行での使用にはあまり向いていないことが多い。

「Smartholder」は旅行者向けのスマートフォンホルダー。モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカーの機能が搭載されている。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」
旅行者向けスマートフォンホルダー「Smartholder」

普段は小さなバッグのような、持ち運びのしやすい形状。これを変形させてスナップボタンをとめることで、ホルダーとして使用可能となる。飛行機などのテーブル上で便利な形状のほか、クルマの後部座席で使用するのに適した形状を取ることも可能だ。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」
パスポートなどを収納できるポケット付き

モバイルバッテリーの容量は6,000mAhと大容量。長時間のフライトでも安心して動画を視聴できる。microUSB、USB type-C、lightning対応コネクタケーブル付きで、様々なデバイスへの充電が可能だ。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」
microUSB、USB type-C、lightning対応コネクタ付き

飛行機での利用にぴったりなデザインではあるが、屋外やキッチンなどでの利用も想定されており、そのような利用シーンで便利なBluetoothスピーカーも搭載されている。開発元によれば、スピーカーの出力は6Wということだ。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」
みんなで動画を見るときに便利なBluetoothスピーカー

キッチンなどで使用した場合、スマートフォンをハンズフリーで使用できるので、レシピ動画を見ながら料理をする、といった場合にも便利だろう。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」
ハンズフリーでスマートフォン動画を楽しめる

開発したのはノルウェイ オスロに本拠をおくMulti Mobile Technology。同社は現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。335ノルウェー・クローネ(約4,440円)の出資と120ノルウェー・クローネ(約1,590円)の送料で「Smartholder」を1個入手可能だ。

気になるのは、バッグ形状の際の大きさ。出張や旅行で、クルマ→空港→飛行機という交通経路をとることの多い国の人向けに、かなり大き目のデザインになっているように見える。徒歩→電車や新幹線、というルートを取ることの多い日本の出張・旅行事情には合わないかもしれない。

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」

だがそれでも、新幹線内などではそれなりに便利そうだ。またクルマでの帰省中に渋滞にはまったとき、ぐずる子どもたちに映画などを観せる際には役立つのではないだろうか?

旅行者向けのスマートフォンホルダー「Smartholder」