ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」

昨年発表されたビンテージバイク風電動アシスト自転車「CR-T1」。その「CR-T1」が欧州各国や米国で街を走る日が近づいているようだ。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
ビンテージバイク風電動アシスト自転車「CR-T1」、欧米では年内出荷へ

開発したのは、カナダ・トロントに本拠を置くTempus Electric Bikes。同社は子どもの頃、初めて自転車に乗ったときのワクワクをもう一度味わうために、「CR-T1」を開発したという。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
初めて自転車に乗ったときのワクワクを取り戻す

大人になった今では子どもの頃のときめきを取り戻すのは難しいが、身体が大きくなった分、子どもの頃よりはずっと速く走れる。また、クルマでの移動になれてしまった大人にとっては、オープンカーよりもさらにオープンな自転車で全身に風を感じて走れば、密閉されたクルマの車内空間にいるよりもスピードを感じられるだろう。渋滞する道路を自転車ですり抜ける爽快感は、クルマの運転席にじっと座っていることの多い大人だからこそ、より強く感じられる。そして何より、子どもの頃には存在しなかった電動アシスト自転車で、モーターをまわして加速感を感じるのは実に気持ち良い。これらが、Tempus Electric Bikesが電動アシスト自転車を開発した理由だそうだ。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
電動アシスト自転車を、新しい、楽しい乗り物として再創造

「CR-T1」に搭載されたモーターは、リアハブタイプ。ここ1~2年に発売された電動アシストでは、「電動アシストに見えない」ルックスを獲得するために、リアハブモーターを採用することが多い。だが、「CR-T1」では、操舵系を前に、駆動系を後ろに集中させ、クルマのRRのようなシンプルな構造を作るために、このモーターを採用したという。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
リアハブモーターでも、このサイズだと目立ちますね

リアハブモーターを採用したことで可動部品を減らし、信頼性を向上できるという。重いモーターが後ろにあり、後輪に荷重をかけているので加速性がよくなるというメリットもあるそうだ。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
クルマのRR同様、操舵性もあがる??

とはいえ、「CR-T1」の最大の特徴はそのデザインだろう。シートは車体の後方に配置されており、シート後方には盛り上がりを付けることで、ビンテージバイクらしさを演出している。シートの前に取り付けられ、電気系コンポーネントを保護するABSコントローラータンクは、燃料タンクを思わせるデザイン。フロントに取り付けられた大径のLEDヘッドライトもレトロバイクらしさを醸し出している。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
ビンテージバイクらしさを演出するシート

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
ヘッドライトもムードを盛り上げている

Tempus Electric Bikesは現在、「CR-T1」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では3,999カナダドル(約32万7,000円)の出資でSuper Early Bird版を1台入手可能だ。キャンペーン終了後の市販価格は4,499カナダドル(約36万7,000円)となる。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」

インターネットコムでは昨年8月、Tempus Electric Bikesに対し「CR-T1」の日本出荷はあるかを問い合わせ、その予定はないという回答を得た。「CR-T1」は1,000ワットのハイパワーなモーターによる、気持ちのよい加速感を楽しむための乗り物。日本で電動アシスト自転車として認められる250Wのモーターに載せ替えてしまうとその爽快感が失われてしまい、「CR-T1」の魅力も減じてしまう、というのが日本に出荷しない理由のひとつのようだった。

今回のkickstarterでのキャンペーンでも、出荷先に日本は含まれていない。インターネットコムでは、今後の日本市場参入への可能性についてTempus Electric Bikesに再度問い合わせてみたが、本稿掲載時までに回答を得ることはできなかった。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
「CR-T1」の魅力は1,000ワットのハイパワーなモーターによる
気持ちのよい加速感

上述の通り、「CR-T1」に搭載されるモーターの出力は1,000Wで、最高時速50キロで走行できる。これに電力を供給するリチウムイオンバッテリーは48V 12AHのもので、フル充電(約5時間)すると約50キロの走行が可能だそうだ。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」

このようなパワフルな駆動系を採用していても、カナダをはじめとする複数の国で、保険加入不要で走行できるそうだ。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」
カナダ、うらやましい

日本で「CR-T1」に乗って公道を走る場合、保安部品を取り付けてナンバーを取得し、原動機付き自転車として走行することになる。だが、ナンバーを取得できるとは限らない点には留意されたい。

ビンテージバイクみたいな電動アシスト自転車「CR-T1」