バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」

バイク専用のクーラーバッグ「ライダーズクーラーバッグ」が、アウトドア用品ブランドDOPPELGANGER OUTDOORから販売開始された。ガリガリ君なら20個程度、ビールなら12本程度を保冷しながら持ち運べる。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
バイク専用のクーラーバッグ「ライダーズクーラーバッグ」発売

この商品は、リアに大型クーラーボックスを取り付けられないライダー向けのクーラーバッグ。テントの設営後、キャンプ地からスーパーなどに買い出しに出かけたとき、食材や飲料を保冷しながら持ち帰れる。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
バーベキューって、なんであんなにおいしいんだろう?
肉を切って、焼いただけなのに…。

小型・薄型ながら、10ミリ厚のウレタンを採用しており、高い断熱性を期待できる。バッグ上部には保冷剤ポケットが装備されており、保冷剤と併用することでより長時間の保冷が可能だ。また、秋から冬にかけては保温効果も期待できる。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
10ミリ厚ウレタン+保冷剤=ガリガリ君&ビール
大人にしかできない算数!

バイクのリアシートに積載しやすい形状。10箇所にDリングが付属しており、市販のツーリングコードで簡単に積載できる。底部にはバッグが型崩れしにくいように、底板が設置された。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
どうよ、このDリング

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
型崩れを防ぐ底板

バイクの駐車場からキャンプ場への移動にも配慮。肩がけ用のショルダーストラップやハンドルグリップを装着し、肩から掛けたり、背負ったり、手で持ったりできる。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
みんな! 肉と野菜とビールとガリガリ君がそっちに向かっているぞ

サイズはW270×D390×H90ミリで、重さは約800グラム。希望小売価格はオープンだが、税別参考は5,600円。Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのオンラインサイトで購入できる。

バイク用のクーラーボックス「ライダーズクーラーバッグ」
夏はやっぱり、これだね!