MZ-80Cを再現した「PasocomMini MZ-80C」

1979年に発売されたシャープの「MZ-80C」。I/Oなどのマイコン雑誌に掲載された0と1の羅列をこのコンピューターに入力し、ゲームを楽しんだ人は多いのではないか?そこから一歩踏み出し、自分でプログラムを組んで雑誌に投稿したり、大手電器店にプログラムカセットの委託販売を依頼したりして、小遣い稼ぎをした人もいるだろう。

その「MZ-80C」を再現した「PasocomMini MZ-80C」が、ハル研究所から発売される。ハル研究所による「パソコンミニシリーズ」の第1弾。

MZ-80Cを再現した「PasocomMini MZ-80C」
「MZ-80C」を再現した「PasocomMini MZ-80C」、ハル研究所から発売

筐体は実物の1/4と、手のひらサイズ。だが、実機に備わっていた開閉機構を再現しているという。正直いって当時は、この機構はかなり使いづらいものではあった。なにせブラウン管が上に載っているために重く、開けるのが大変だった記憶がある。だが、いまとなっては懐かしいと感じる人も多いのではないか?

カセットデッキ部分も開閉できるという。このギミックはうれしい。フロッピーでもなく、MOでもなく、ZIPでもなく、市販のカセットテープに記録していた当時の記憶を蘇らせてくれるだろう。

まったくの余談だが、当時「MZ-80C」を所有していた小学生や中学生には、プログラムを記録したカセットテープを音楽用カセットデッキで再生し、その再生音でプログラムを当てるという遊びをするものもいた。プログラムの種類を「I/Oに掲載されたもののどれか」などとと限定しておけば、音の動きや記録時間などで判断できたのだ。あの遊びを見ていた大人たちは、当時どう思っていたのだろうか?

プログラミング環境としては、スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載している。また、MZ-80シリーズのハードウェアエミュレーション機能も組み込まれており、当時のマイコン雑誌に掲載されていたマシン語プログラムを実行できるという。

MZ-80Cを再現した「PasocomMini MZ-80C」
MZ-80エミュレータモード
雑誌を見つけるのが大変かも?

開封後すぐに遊べるよう、当時人気の高かったゲームソフト3本の実装も予定されている。

MZ-80Cを再現した「PasocomMini MZ-80C」
同梱されるゲームのタイトルは、今後発表される予定
 
予定価格は1万9,800円(税抜)。BEEP秋葉原の店頭およびECショップで数量限定販売される。予約開始は6月1日で、発売は10月中旬の予定。

筆者はいまも、かつて使用したアマチュア無線機を保管している。例えば、TRIOの144Mzh帯用「TR-2300」や、ICOMの50Mhz帯用「IC-502」などだ。だがどういうわけか、同時期に使っていたはずのMZ-80Cは保管していないし、いつ、どうやって捨てたのかさえ覚えていない。今回発売される「PasocomMini MZ-80C」は、購入後は大事に保管していきたいと思う。SmileBasicを使うことは、ないかもしれないが。