CAT S40のイメージ
ちょっとやそっとじゃ壊れない

高さ1.8mからコンクリートの上に落としても壊れない軍用規格のAndroidスマートフォン「CAT S40」が5月下旬に発売予定だ。オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが取り扱う。

CAT S40の製品外観
米国防総省の軍用規格に準拠

「CAT」シリーズは重機メーカーCaterpillar(キャタピラー)の許可を得てその名を冠した頑丈なスマートフォンで、英国Bullitt Groupが手掛ける。

剛健さをうりにしたスマートフォンは根強い人気があるが、今回に日本に上陸したCAT S40はMVNO、いわゆる格安携帯で利用しやすい「SIMロックフリー」となっているのが特徴だ。

米国の国防総省調達規格「MIL-STD-810G」に準拠し、高さ1.8mからのコンクリートへの落下試験に合格しているのはもちろん、水深1mに60分間浸しても起動可能で、粉塵の侵入を完全に防護する「IP68」規格を満たす。

S40の防水イメージ
強力な防水性と

S40の防塵イメージ
完全な防塵性を備える

また直射日光下でも鮮明に画面が見える4.7型qHD(540×960)ディスプレイを搭載し、透明度と丈夫さを両立した強化ガラス「Gorilla Glass 4」で覆っている。手袋のまま操作できる「Glove-On Workingモード」や、濡れた指で使える「Wet-Finger Tracking技術」も備えている。

直射日光下での視認性
明るい陽射しの下でもちゃんと画面が見える

カメラは背面800万画素、背面200万画素と控えめな性能。バッテリー容量は3,000mAhとなっている。重さは185g。

海外での初登場は2015年とあってOSはAndroid 5.1、CPUはクアッドコアのQualcomm MSM8909(1.1GHz)。メモリー容量は2GB、ストレージ容量は16GB。データ容量64GBまでのmicroSDXCメモリーカードを挿入できる。海外製とあってテレビ(フルセグ)やおサイフケータイ(FeliCa)などの機能ははないが、NFCには対応する。

日本ではオープン価格で、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが運営するショッピングサイトでの値段は会員のみに公開となっている。英国での価格は329.99ポンド(4万8,000円相当)。