ガーミンのスポーツウォッチ

装着した人のランニングフォームを解析し、改善に役立てられるスポーツウォッチ「ForeAthlete(フォーアスリート)935」をGarmin(ガーミン)が5月中旬に発売する。

重さ49gで、快適に着用でき、レースやトレーニングの妨げにならないのが魅力。またスポーティーなシリコンバンドからクラシックなレザーバンド、ハイエンドなメタルバンドへ簡単に付け替えが可能。

ガーミンのスポーツウォッチ

同梱の機器「Running Dynamics Pod」を人体の背面、腰の中央部に装着すると、ピッチ、ストライド幅、接地時間バランス、上下動、上下動比などを計測。正しいランニングフォームを理解する助けになる。

ガーミンノスポーツウォッチ

モードを切り替えれば、サイクリングなどほかのスポーツでも使える。50m防水で、水中では距離、ペース、ストローク数などを記録できる。気圧高度計も搭載し、山登りやトレイルランニングでも役立つ。

また新たにトレーニングステータスというツールが利用できるようになっている。最新の運動履歴などを評価して、効率的なトレーニングが行えているかどうかを確認できる。過去7日間の運動量を測定し、フィットネスやトレーニング履歴と比較し、全体の負荷を把握することも可能だ。

このほか従来のBluetooth接続に加え、Wi-Fi接続に対応しており、iPhoneやAndroidスマートフォンとより簡単に連携できるようになった。

USB充電式リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大2週間連続動作する。内蔵GPSを使うと最大21時間。なお希望小売価格は5万7,800円(税別)。