魔法瓶みたいなモバイルスピーカー
やけに親しみやすいデザイン

食卓に置いても違和感のなさそうなデザインのポータブルスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speakers」を、Bose(ボーズ)が4月28日に発売する。すでに予約を受け付け中だ。

魔法瓶みたいなモバイルスピーカー
お茶やコーヒーが入りそう

魔法瓶みたいなスピーカー
違和感なし

魔法瓶みたいなスピーカー
音楽を聴きながら料理もはかどる

iPhoneなどとBluetoothで無線接続、ペアリングして使う製品。円筒形の筐体(きょうたい)から均一な全方位再生能力を備える。スピーカーユニットなどを収めるアルミ製筐体を一体成型で作り出しており、前後の向きなどを気にせず、置いた場所の周囲どの方向からも同じように音楽を聴ける。

魔法瓶みたいなモバイルスピーカー
全方位型

内部には、2つのパッシブラジエーターを向かい合わせに配置し、振動板を含むユニットを下向きに取り付け、そこから出た音を受けて拡散する音響デフレクター(偏向板)を備えている。さらに筐体内の気圧を制御して音の歪みを除去する圧力弁もあって、深く豊かな低音を全方向に均一に広げられるのだという。

魔法瓶みたいなスピーカー
全方位に均一な音を広げる構造

従来の全方位型スピーカーの課題だったスイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みもなく、部屋の中央でも隅でも、どこに置いてもかまわないとしている。

またこぼした水滴や雨、プールで使用した際の水しぶきなどにも安心な防滴仕様で、擦ったり落としたりぶつけたりしてもキズや凹みがつきにくい頑丈さもうり。底面にはネジ穴を備え、置き場所の少ない庭や屋外のパーティなどでは三脚に簡単に固定して使える。

頑丈なスピーカー
屋外でも使いやすい

NFCによるペアリング設定時に音声ガイダンスが流れ、内蔵マイクでスピーカーフォンとして通話したり、 Siriを起動して使ったりもできる。無料のアプリケーションを使って複数台のスピーカーを同期し、ステレオ再生などをさせることも可能。

サイズが異なる2種類を選べる。小さめな「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」は高さ152mm、直径82mmで、重さは670g。バッテリーの稼働時間は最大12時間。希望小売価格は2万5,000円(税別、以下同じ)。

大きめな「SoundLink Revolve+ Bluetooth speakers」は高さ184mm、直径105mm。重さは910g。バッテリーの稼働時間は最大16時間。音響面でもよりパワフル。価格は3万5,000円。

どちらもカラーはトリプルブラックとラックスグレーの2種類。