ホンダ、ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」

ホンダはロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」の出力を向上させるなど走りを熟成。スタイリングも刷新し、4月14日に発売する。

「CBR650F」「CB650F」ともに、より多くのエアを導入する吸気流路を新設。エアファンネルの短縮化やマフラーの内部構造を3室から2室に変更することで、最高出力を5kw(7馬力)向上させた。これにより、低・中回転域のトルク特性の向上と、高回転域の伸びを両立させている。

ホンダ、ロードスポーツ「CBR650F」「CB650F」
CBR650F(ヴィクトリーレッド)

さらに、トランスミッションの2速から5速の変速比をローレシオ化。より力強い加速フィーリングを実現した。

ホンダ、ロードスポーツ「CBR650F」「CB650F」の出力を7馬力向上
CBR650F(パールグレアホワイト)

フロントサスペンションには、新たに減衰力特性に優れたショーワ製「デュアル ベンディング バルブ」を装着。路面追従性に優れた上質な乗り心地を実現している。

■CBR650F
高輝度LEDヘッドライトを新採用。ヘッドライト周辺のカウル形状を見直すことで、走行時により多くの空気を吸気ダクトに導入する構造とした。

ホンダ、ロードスポーツ「CBR650F」「CB650F」の出力を7馬力向上
CBR650F(マットガンパウダーブラックメタリック)

カラーバリエーションは「ヴィクトリーレッド」「マットガンパウダーブラックメタリック」「パールグレアホワイト」の全3色を設定。中でも「ヴィクトリーレッド」はトップエンドモデルの「CBR1000RR」のカラーリングを想起させるブラックとホワイトのストライプを採用している。

■CB650F
高輝度LEDヘッドライトを新採用。シュラウドのデザインを変更し、走行時に吸気ダクトへ積極的に空気を導く形状とした。

ホンダ、ロードスポーツ「CBR650F」「CB650F」の出力を7馬力向上
CB650F(ヴィクトリーレッド)

ハンドルは従来よりフラットな形状のバーハンドルタイプを採用することで、低く構えたライディングポジションとしている。

ホンダ、ロードスポーツ「CBR650F」「CB650F」の出力を7馬力向上
CB650F(ソードシルバーメタリック)

カラーバリエーションは「ヴィクトリーレッド」「ソードシルバーメタリック」の全2色を設定。シュラウドの色は、「ヴィクトリーレッド」ではシルバー、「ソードシルバーメタリック」ではブラックのツートーンカラーとしている。

メーカー希望小売価格はCBR650Fの「パールグレアホワイト」「マットガンパウダーブラックメタリック」が99万9,000円で、「ヴィクトリーレッド」が103万1,400円。CB650Fは92万3,400円(価格はいずれも消費税込み)。