ビットコインのイメージ
ビックカメラでもビットコイン

ビックカメラで、仮想通貨/暗号通貨「BitCoin(ビットコイン)」による買い物が可能になる。4月7日から都内の2店舗で家電などを購入した際にiPhoneなどから支払いができるようになる。

ビックカメラはもともと、電子マネー「Suica」による支払いができるなど現金なしでも決済しやすいが、ビットコインも使えるようになり、より便利になりそう。海外からの観光客による利用も見込む。

iPhoneなどでビットコインを管理するアプリケーションを開発している企業の1つ、bitFlyerが協力する。

まず「ビックカメラ有楽町店」「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」の2店舗でビットコインが利用可能になる。1回の買い物につき最大10万円相当のビットコインが支払いにあてられ、現金と同率でポイント還元を受けられる。

ビックカメラの2店舗
ビックカメラの都内2店舗で利用可能に

なおキャンペーンとして4月19日までにビックカメラでの買い物をし、bitFlyerのアプリを使ってビットコインで支払うと、先着200人が500円相当のビットコインを受け取れる。

bitFlyerのアプリ
bitFlyerのアプリを使う

4月から施行となった改正資金決済法により、ビットコインを取り扱う企業の登録や、使う人の本人確認などが義務化。今後はより安全な利用のための制度整備が進み、一般の店舗やショッピングサイトに広く普及していく、との見方もあり、ビックカメラが先例になるかどうかも注目を浴びている。