カシオの超高級電卓

カシオ計算機が誇る電卓のフラッグシップモデルこと「S100」。強気にもラインアップを拡充し、新色ネイビーブルーの「S100BU」を追加した。

S100は2015年に発売した製品。カシオが最初の電卓「001」を出してから50周年を迎えたことを記念するモデルで、関数電卓などの特殊な用途を除いた一般向けとしては断トツの最上位機種。徹底して妥協を排してパーツを選んで設計、開発しており、発売から2年を経た今も異彩を放つ。

カシオの超高級電卓

表示部には両面反射防止コーティングを施し、高コントラストのFSTN液晶も採用して視認性を高めている。

カシオの超高級電卓

キーも押したとき横ブレしにくいV字ギアリンク構造を採用したうえで、打ちやすいように間隔を空けて配置。キーの文字は通常の印刷ではなくすり減っても消えにくい2色成型を採用する。

従来はブラックのみだったが、今回追加したネイビーブルーのS100BUは持つ人の知性を印象的な青で表現したという。アルミ削り出しの筐体(きょうたい)は健在で外周のダイヤカットも踏襲。青くきらめく縁が個性を彩るという。

カシオの超高級電卓

カシオの超高級電卓

オープン価格だが店頭実勢は2万7,000円(税別)と相変わらずの水準。しかし電卓でも、いや電卓だからこそ金に糸目はつけず良いものが欲しいという層がいるのかもしれない。