カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」

「Minimal Bike」は、カーボンファイバーフレームの自転車。三つ股のシャベルのようなルックスと、6.7キロの軽量ボディが特徴。

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」
三つ股のシャベルのようなルックスを持つ自転車「Minimal Bike」

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」
参考画像:三つ又シャベル

通常の自転車のボディは、フレーム、ステム、ハンドルバー、シートポストなどを溶接して作られている。だが「Minimal Bike」のボディは、溶接などない一体化されたフレームと、一部取り外し可能なパーツによって構成された。

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」
溶接されたものではない、一体化ボディ

重さ6.7キロを実現できたのは、素材にカーボンファイバーを採用したためだけではない。三つ股シャベル構造により、通常の自転車には存在しているダウンチューブやチェーンステーが存在していないのだ。これが軽量化に貢献している。

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」
ダウンチューブやチェーンステーをなくすことで、軽量化を実現

フレームが三つ股シャベル形状なのも興味深いが、ハンドルはさらに興味深い。一般的によく目にするハンドル形状には、ドロップ、蝶、口ひげ、ブルホーン、カマキリなど様々あるが、「Minimal Bike」はそのどれにも当てはまらない。あえていえば、ブーメランタイプ、だろうか?

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」
ブーメラン、ブーメラン♪

デザインしたのは、オランダの著名なバイクデザイナーBram Moensさん。Bram Moensさんは現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。3,025ユーロの出資+150ユーロの送料でシングルスピード版が、3,275ユーロの出資+150ユーロの送料で10段変速機付き版が入手可能だ。出荷は2017年5月に予定されている。

カーボンファイバーフレームの自転車「Minimal Bike」