真紅のiPhone 7のアップ

iPhone 7とiPhone 7 Plusに真紅のモデル「 (PRODUCT)RED Special Edition」が登場した。開発元であるAppleの直営店や直販サイトで3月25日から予約でき、最短で3月末までに受け取れる見込み。購入すると「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」への支援になる。

Appleは10年以上、難病対策のために真紅のモデルを販売している。最初に作ったのは携帯メディアプレーヤー「iPod nano」の特別版。以降iPhone、iPad、Apple Watch向けのアクセサリーにも広げてきた。今回のiPhone 7/7 Plusもしかり。

(RED)のApple製品群

難病対策の内容は、世界のHIV陽性患者の3分の2以上が暮らすサハラ以南のアフリカ地域で、エイズウイルスの母親から子供(こども)への感染を撲滅することを目的とした検査、カウンセリング、治療、予防などだ。

期間限定という訳ではなく、従来の「ジェットブラック」「ブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」といったカラーバリエーションにもう1種類加わるかたちで、通年で買える。

真紅のiPhoneのイメージ

性能面は通常のモデルと同じ。写真や動画を昼夜を問わず撮影できるカメラ、iPhoneシリーズとして最も長持ちするバッテリー、音楽再生に向くステレオスピーカー、耐水・防塵性能などが特徴。

ストレージ容量128GBと256GBのモデルがあり、日本での直販価格はiPhone 7の128GBモデルが8万3,800円(税別、以下同じ)、256GBモデルが9万4,800円。またiPhone 7 Plusの128GBモデルは9万6,800円、256GBモデルが10万6,800円。

Appleの公式サイト「Apple.com」、直販店「Apple Store」、さらにApple製品の取扱販売店や一部の携帯電話キャリアを通じても入手できるそう。