ホンダ モンキーに、発売50周年記念モデル登場

ホンダは、原付50ccバイク「モンキー」の発売50周年を記念し、「モンキー・50周年アニバーサリー」を2月28日に販売開始した。

このモデルでは、初代モデル「モンキーZ50M」のカラーリングイメージを踏襲。燃料タンク側面やサイドカバーをパールサンビームホワイトに、フロントやリアのフェンダーはシャスタホワイトとしている。

ホンダ モンキーに、発売50周年記念モデル登場
参考画像:初代モデル「モンキーZ50M」
(画像はホンダWebサイトより)

フレームやフロントフォーク、スイングアームなどのほか、ヘッドライトケースや燃料タンク上面のストライプをマグナレッドとした。さらに、シートには初代モデルを模したチェック柄を採用している。

ホンダ モンキー発売50周年記念モデル
ヘッドライトケースや燃料タンク上面のストライプはマグナレッドに塗装された

ホンダ モンキー発売50周年記念モデル
シートには初代モデルを模したチェック柄を採用

燃料タンク側面には復刻デザインのウイングマークバッジを、上面には記念ステッカーを配した。サイドカバーに50周年記念エンブレムを、シート後部に50周年記念ロゴを、メインキーに50周年記念マークを施している。

モンキーは、1961年に東京都日野市にオープンした遊園地「多摩テック」の乗り物として製作された「モンキーZ100」に端を発している。その後1967年に、初代モデル“モンキーZ50M”が国内発売された

「モンキー・50周年アニバーサリー」販売開始
参考画像:モンキーZ100(WikipediaユーザーPollyanna1919さん撮影)

発売後は、その独特のデザインにより、高い人気を獲得した。リッター100キロの低燃費も人気の理由の一つ。満タンにすると東京から滋賀あたりまで、運と状況が良ければ無給油で行けてしまうこともあった。ガソリン代のない若い頃、このモンキーで旅したことを思い出し、懐かしい気持ちになる人も多いのではないか?

ホンダ モンキーに発売50周年記念モデル
いくら若くても、400キロ走ると
身体のあちこちが痛くはなりましたが…。

価格は35万2,080円(消費税込)。