デスボルケーノ炸裂のようす
すごく面白いけど、完全に間違ってる(出典:爆裂通信!スマホバトラー)

スマートフォン同士を戦わせる「スマホバトル」を描いた漫画「爆裂通信!スマホバトラー」が話題だ。昔の少年漫画誌「月刊コロコロコミック」を思わせる雰囲気がなつかしいが、どこかおかしい。

爆裂通信!スマホバトラー
その名も「爆裂通信!スマホバトラー」

漫画の作者は犬木栄治氏。コロコロコミックでいくつも作品を出している、本物のコロコロ作家だ。したがって登場人物の性格も、さまざまな演出も、ちゃんと勢いのある熱い子こども向け作品に仕上がっている。

あらすじは、スマホバトルが好きな小学4年生、須磨都大河(すまとたいが、あだ名はタイガー)が、子供にスマホバトルをしかけては勝利し、SIMカードを奪うおとなげない怪人、SIM男爵と対決する、というもの。

さて、肝心のスマホバトルとは何かを簡単に説明しよう。

スマートフォン同士をぶつけるのだ。

読んでよく理解できなかった人のために、もう一度詳しく書くと、スマートフォン同士を物理的にぶつけ、相手の画面にひびを入れたりして壊した方が勝ち、となる。

作中では、敗れた子どもが画面に亀裂が走ったスマートフォンを見つめながら「あ…あああ…ぼくの…大切なスマホが…」と嘆くのに対し、SIM男爵が「ふむ…もう少しは楽しませてくれると思っていたがしょせんは子どもレベルの格安スマホ…準備運動にもならなかったな」などとうそぶく。

ひびわれたスマートフォン
敗者のスマートフォンはむごたらしく壊れるのだ

非道なSIM男爵に、主人公のタイガーが敢然と立ち向かうのだが、結末は自分の目で確かめてほしい。

漫画はどうやら「格安スマホ学園」というMVNO、いわゆる格安携帯の比較サイトの宣伝として描いたらしいのだが、妥当な内容なのかどうかは正直判断しかねるところ。

ひとつ確かなのはスマートフォンは精密な電子機器。大切に使おう、ということだ。