チェインメイルのパーカー
こんなパーカーが人気?

中世のよろいの一種、鎖かたびら(チェインメイル)を使ったファッションが今、主婦のあいだで人気だという。日本発で米国ニューヨークに進出したファッションブランドLady Made Treasure(レディメイドトレジャー)が発表した。

鎖かたびらは、日本の戦国時代の武将、西洋中世の騎士たちが、身を守るために甲冑の下などにつけていた。もともとは防護用だったが、数年前から欧米で注目のファッションになっている、らしい。

金属製の輪を組み合わせて装飾品や衣料品を作る手工芸は、高級ファッションブランドが注目するほか、米国の主婦にも大変な人気を博しているそうだが、いざ習ってみようとすると、古くから伝わる編み方こそ教えてもらえるが、洒落た感じのデザインはなかなか見つからないのが実情だとか。

金属の輪たくさん
金属の輪を組み合わせて作る

そこでレディメイドトレジャーは「作って楽しく、着けて嬉しくなるようなファッションジュエリー」と銘打って、鎖かたびらとニューヨークの現代の流行を反映した様式を広め、支持を獲得したのだという。2017年1月時点で通算2,000人以上を指導し、チェインメイルの完成品や製作キット、累計3万個の販売に成功したとしている。

チェインメイルのネックレス
こちらは「チェインメイルネックレス」

「日本トップのチェインメイルブランド」になったと、誇らしげだ。