シャープさんとタニタくん
タニタ食堂に定食が登場

企業を擬人化した漫画「シャープさんとタニタくん」をイメージした定食が登場する。東京の「丸の内タニタ食堂」が期間限定で出してくれるそう。

シャープさんとタニタくんは、仁茂田あい氏が描いた作品。それぞれのキャラクターは両社のTwitterでの発言などをもとに個性を打ち出している。

丸の内タニタ食堂ではまず3月6~11日の期間、シャープさんの好きなカニをメーンにした「シャープさんのクラブタルタルハンバーグ定食」が注文できる。

カニのハンバーグ
シャープさんのクラブタルタルハンバーグ定食

ズワイガニの身が入ったタルタルソースをポークハンバーグにかけて一緒に焼き上げた。カニのうま味とハンバーグの相性が特徴で、隠し味にカニミソとユズコショウも使っている。

さらに3月13~18日には、タニタくんが好きな鶏肉を使った「タニタくんのチキンストロガノフ風定食」を頼める。

チキンニタ・ストロガノフ
タニタくんのチキンストロガノフ風定食、別名「チキンタニタ」?

日本でも人気のロシア料理ビーフストロガノフを、ひとひねりし、牛肉を鶏ひき肉に、小麦粉を高野豆腐に、生クリームを豆乳に置き換え、栄養価を高めてカロリーを抑えた。ストロガノフの隣に、ロシア風に煮た野菜とタニタくんのメガネを思わせる黒オリーブをカップトマトに入れて色鮮やかに仕上げている。

ともに1食あたり500kcal前後、塩分3g以下で、野菜が豊富とのこと。ちなみに副菜2品、汁物1品、ご飯がつく。副菜や汁物は日替わり。

価格はどちらも1,100円(税込)。どちらかでも注文した人は、仁茂田あい氏描き下ろしによる「シャープさん」「タニタくん」のシールを1枚もらえる。