ギネスワールドレコード
87本とはすごい

スクウェア・エニックスのゲーム「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズが「最もタイトル数の多いRPG(ロールプレイングゲーム)シリーズ」として、ギネス世界記録の認定を受けた。

FFシリーズは、1987年の第1作発売以来、累計で87作品、全世界で累計1億3,000万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成している。認定記録は、ナンバリングタイトル、派生作品および一部リメイク作品を含み、移植や廉価版は除外している。また複数のゲーム機などに展開していても内容が同じなら1作品と数えている。

ちなみにこれと合わせて「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(FF14)」が「最も長いエンドロールを持つMMO(多人数同時参加型)ビデオゲーム」としてギネス世界記録に認定を受けた。なんと1時間38分あるという。以前からFF14のエンドロールの長さは有名で、途中で眠くなるとの声も出ていた。開発者の氏名だけでなく、品質問題で2013年に内容を大規模刷新する前から遊んでいた人の登録名などを記載しているためと見られる。

さらにFF14は「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」としてもギネスの世界記録認定を受けた。FF14は刷新を繰り返しており、新たな楽曲もつど登場する。2016年9月までの分で384曲あるそう。

ギネスワールドレコーズは、ありとあらゆる奇妙な世界記録を収集し、毎年書籍としてまとめて発行している。ある年齢より上の層には「ギネスブック」という方が伝わりやすいだろう。もともとは黒ビール(スタウト)で有名な「ギネス」ブランドのビール会社の役員が始めたものだが、現在は別組織。今回の記録もほかのラインアップに恥じない風変わりさだろう。