男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
男性向けガーターベルト「S-HOLDER」

紳士たるもの、どんなときでもシャツの裾はズボンに“イン”しておきたいもの。だが座ったり、背伸びをしたりしたときには、シャツはズボンから出てしまいがちだ。

「S-HOLDER」はこの問題を解決する男性用ガーターベルト。シャツの裾をズボンの外に出したくない人向けに開発された。


男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
シャツの裾は、常に“イン”

女性向けのガーターベルトは、ストッキングのずり落ちを防止するもの。腰に装着したベルトからストラップが伸びる構造を持っている。ストラップに取り付けられたクリップでストッキングを吊るし、ずり落ちを防ぐ仕組みだ。

「S-HOLDER」もこれに似た構造と仕組みを持っている。両足の太ももに装着するベルトからはストラップが伸びる構造で、ストラップに取り付けられたクリップがシャツの裾を下方向に引っ張り、裾がズボンから出てしまうのを防ぐ仕組みだ。

男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
しゃがんでも、シャツの裾はでない!

ストラップの長さはアジャスト可能で。どんな長さのシャツであってもぴったりフィットする。

男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
長さを細かく調整できるアジャスター付き

カラーバリエーションはブラック、ネイビーブルー、ベージュ。シャツやズボンの色に合わせて選択可能だ。

男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
みんな、もうちょっと、コーディネートしようよ…。

開発したのはスロベニアに本拠を置くNV。同社は現在、「S-HOLDER」の世界的なプロモーションを兼ねて、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施している。本稿執筆時点では、38ドルの出資で「S-HOLDER」を1つ入手可能だ。送料は無料。出荷は2017年5月に予定されている。キャンペーン終了後の市販価格は40ドルなので、クラウドファンディングに出資するのは不安という人は、市販開始を待っても良いかもしれない。

 男性用ガーターベルト「S-HOLDER」
「S-HOLDER」のパッケージ
専用バッグ、ついてます

NVはすでに、「S-HOLDER」の前バージョンである「T-HOLDER」を昨年から販売している。この製品に対するレビューを読む限り、購入した男性の多くは紳士で、シャツの裾が出なくなったことを喜んでいる。だが自分の太ももにベルトを巻くことを楽しんでいる人も、若干だが存在しているようだ。その気持ちは、わからなくも、ない…。