R2-D2型のUSB 3.0ハブはいかが?…「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」
「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」

PCやUSBメモリーなどはどれもUSB 3.0に対応しているのに、USBハブは2.0のまま。「このままでも使えるし、まぁいいか…」と思っている人、多くないですか?

ハブなんて安いものではあるのですが、そこにお金を出すとなると、ちょっと惜しい気がします。買いかえれば高速になることはわかっていても、それほどわくわくはしません。できるなら、楽しいものにお金を出したい!…ですよね?

そんな人にぴったりかもしれないのが「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」。これならUSBハブであっても、ちょっと余計にお金を出して買いたくなるのではないでしょうか?もちろん、スター・ウォーズファンの人限定ではありますが…。

「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」は、USB 3.0ポートが4つ付属するハブ。ハブの機能としてはごくごく普通ですが、R2の形をしているので、カワイイという特徴があります。

R2-D2型のUSB 3.0ハブはいかが?…「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」
カワイイ は最強なんです!

R2としてのギミックも、ちょっとだけ搭載。PCなどのUSBポートに挿せば本体のLEDが光り、ホイッスル音とビープ音を発します。好きなときにR2の声を聴きたいというしつこいタイプ(?)のスター・ウォーズファン向けには、R2の頭部をタップしても同様の動作をするという機能も。オフィスで使用したい人向けに、音をオフにすることもできます。

高さは15センチくらいだそう。残念ながらライトセーバー射出用コンテナなどの機能はないそうです。

米国の通販サイトThinkGeekで販売されています。価格は59.99ドル。日本への送料が別途16.90ドル必要となります。USBハブのお値段としては高すぎ。でもR2のお値段(?)としては、悪くないのではないでしょうか?

筆者の部屋ではType-Cデバイスも徐々に増えてきています。今後、R2のType-Cハブが発売されたら、買ってしまう気がします。価格はきっと、USBハブとしては高すぎの設定になるのでしょうが、でもR2の値段だと思えば…(以下、略)。

R2-D2型のUSB 3.0ハブはいかが?…「R2-D2 USB 3.0 Charging Hub」
Type-Cコネクタ搭載のスマートフォン
コネクタの上下を間違えることはなくなったが
ケーブルがmicroUSBなのか、Type-Cなのかを間違えることが増えた… ε=( ̄。 ̄;)フゥ