性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
性犯罪から女性を守る「Safe Shorts」
(画像はスカートやジーンズの下に穿ける「Underpands」)

「Safe Shorts」は、ドイツで開発された女性用のショーツ。「トリプルプロテクション」で、性犯罪から女性を守る。

開発したのはドイツTECOSのSandra Seilzさん。彼女はジョギング中に男性3人組に襲われ、下着を脱がされそうになった経験があるという。この体験が、「Safe Shorts」開発の動機になったそうだ。


性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
Sandra Seilzさんはジョギング中に襲われ
「Safe Shorts」の開発を思い立った

女性を守る「トリプルプロテクション」の1つ目はロック。ずり落ち防止の紐にロックが取り付けられており、このロックを外さない限りは紐を緩めて「Safe Shorts」を脱がせないようになっている。

性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
「トリプルプロテクション」の1つ目は腰ひものロック

性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
鍵を開けない限りは、「Safe Shorts」を脱がせられない
…暗証番号を忘れたら、悲劇かも?

2つ目は素材。ロックがあるため脱がせないとわかった性犯罪者は、腰ひもの切断を試みるかもしれない。だがこの紐には特殊なハイテク素材が採用されており、切断はほとんど不可能だという。また、クロッチ部分にも引き裂いたり切断したりしにくいプロテクターが備えられていて、性犯罪者がショーツ自体を引き裂くのを困難にしている。

3つ目はアラームシステム。「Safe Shorts」に何者かが手をかけようとした場合、システムはこれを検知し、130デシベルの防犯アラームを鳴り響かせる。これにより周囲の人に女性の危機を知らせると同時に、性犯罪者がひるんで逃げることを狙っている。

「Safe Shorts」には、2つのタイプがある。ひとつはジョギングパンツタイプの「Running Tight」で、もう一つはスカートやジーンズの下に穿ける「Underpands」。どちらも売り上げは非常に好調で、「Running Tight」は注文してから発送まで12週間、「Underpands」では6週間程度必要となるそうだ。注文はドイツ国内からのみではなく、イタリア、台湾、米国、スウェーデン、フィンランド、そして日本からも寄せられているという。

性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
「Safe Shorts」ジョギングパンツタイプ

性犯罪から女性を守るショーツ「Safe Shorts」
「Underpands」は、スカートやジーンズの下に穿ける

TECOSのオンラインショップから購入できる。価格はジョギングパンツタイプが126ユーロ、日常生活用タイプが84.03ユーロ。日本への送料が別途必要となる。