着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」

Tokyo Otaku ModeとSTUDIO696は共同で、「NINJACKET」プロジェクトをスタートさせた。2016年春にクラウドファンディングによる資金調達に成功した、着ると武者になれるパーカー「SAMURAI ARMOR HOODIES」に続く製品。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
外国人はきっと大喜び!

「NINJACKET」とは、着ると忍者になれるジャージ。世界に数多く存在している忍者ファンを対象にしている。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
外国には、“日本には忍者がいる”と信じて疑わない人が、
いまもそれなりの数存在している

ジャージ素材のため、武者パーカー「SAMURAI ARMOR HOODIES」より軽く、動きやすい。このため、より忍者らしい動きが可能だ。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
参考画像:武者パーカー「SAMURAI ARMOR HOODIES」

「NINJACKET」には頭に被れる“忍者頭巾”が付属している。この頭巾をかぶれば目の下まで顔を隠し、より忍者らしい風貌を生み出すことが可能だ。指掛けを装着して手の甲を隠せば、さらに忍者気分を盛り上げることができる。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
忍者気分を盛り上げるアイテム満載!

クラウドファンディングサイトIndiegogoで入手できる。本稿執筆時点では、159ドルの出資でEarly Bird版を購入可能だ。カラーは「黒x青」「黒x赤」「黒x黄」から選択できる。その他、「NINJA Pants」とのセット商品も提供されており、こちらは219ドルで入手できる。出荷予定時期は2017年4月。だいぶ気が早いと言われるかもしれないが、来年のハロウィン向けに用意しておいてもよいかもしれない。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
カラーバリエーションは「黒x青」「黒x赤」「黒x黄」の3種類

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
「NINJA Pants」とのセット商品も

「NINJACKET」は『忍者ージ』という名称で日本のクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにも出品されている。英語でのやりとりや海外送金が面倒という人は、こちらの利用もありだろう。

着ると忍者になれるジャージ「NINJACKET」
ここらで、ドロン