陸上自衛隊高田駐屯地のスクリーンショット
新潟県の陸上自衛隊高田駐屯地などから派遣(出典:高田駐屯地公式サイト)

新潟県糸魚川市における火災について、陸上自衛隊は人員約155人、車両25両を派遣した。新潟県知事の災害派遣要請にもとづくもの。12月22日時点の速報値となる。

防衛省の公式サイトによると、要請があったのは12月22日13時59分。糸魚川市内の商店街で大規模な火災が発生し、消防などが消火活動を行ったが鎮火にいたらず、新潟県知事から陸上自衛隊第12旅団長に火災の消火活動について災害派遣要請があったという。

陸上自衛隊の第2普通科連隊(高田駐屯地)、自衛隊新潟地方協力本部が対応している。

14時5分に第2普通科連隊の地上偵察部隊、人員約5人、車両約5両が糸魚川市ふれあいセンターに向け駐屯地を出発した。

また14時40分に第2普通科連隊のFast-Force、人員約30人、車両約5両が現地に向け駐屯地を出発している。

さらに15時35分には第2普通科連隊の部隊の人員約120人、車両約15両が糸魚川小学校に向け駐屯地を出発した。

また新潟県庁、糸魚川市役所にLO(連絡員)を派遣中という。

いずれも12月22日16時時点の速報値で、今後変更になる可能性がある。