ドコモのトイレットペーパー
ばーん

NTTドコモは、スマートフォンの画面を拭くための「スマホ専用トイレットペーパー」 を成田空港のトイレに設置している。「訪日外国人に対し日本のおもてなしの心を表現する取り組み」だそう。

一説によると、スマートフォンの画面は素手で長時間さわり続けるため、皮脂や手垢が多く付着しており、それらを養分に繁殖している雑菌の量は抗菌処理を施した最近のトイレ便座の5倍になるという。


ドコモのイメージ
スマートフォンの画面は抗菌処理をした最近の便座より汚い?

いったい最近のトイレの抗菌処理がすごいのか、スマートフォンが汚いのか。

ともかくドコモは今回この点に注目し、かねてから「おもてなしの心」を感じると訪日外国人からも評価の高い日本のトイレについて、ホスピタリティをさらに高める取り組みを始めた。

すなわち、日本の玄関口である成田空港到着ロビートイレ計86か所にスマートフォン専用トイレットペーパーを取り付けたのだ。

ドコモのトイレットペーパー
成田空港の到着ロビーにあるぞ

トイレットペーパーのイメージ
すごく目立つ

このトイレットペーパーでスマートフォンの画面を拭くことで雑菌の養分になる汚れを取り除き、繁殖をおさえるという狙いだ。

トイレットペーパーのイメージ
普通にひきだして

トイレットペーパーのイメージ
拭く

トイレットペーパーのイメージ
しっかり拭く

ちなみに特に消毒薬などを含んでいる訳ではないごく普通の紙だそうだが、表面にはドコモが訪日外国人向けに運営している公衆Wi-Fiやトラベルガイド、翻訳アプリケーションなどの案内が印刷してある。

トイレットペーパーのイメージ
Wi-Fiの使い方も書いてある

2017年3月15日まで期間限定で利用できるそう。

トイレットペーパーのイメージ
替えもある

もし年末年始に海外へ出かけるのであれば、帰国時に試してみてもよいかもしれない。